【最新情報】

9月16日、東京にて片岡航也が月のテンポ®を軸としたお月さまからのメッセージをお伝えさせていただきます。
詳細はこちら→【★9月16日東京講演情報★お月さまとのつながりを知り月のテンポではっぴ~らいふ】
(2017.9.14)
9月13日からお月さまは「下弦の月のサイクル」。
下弦の月のエネルギーは、『細やかに整えながら次に向かって動きだす浄化のエネルギー』。
大きく変化が表れるタイムラインに入りすぐ、太陽フレアの影響もあいまって、変化の波が激しくなってきている現在。
これは、これから大きく変化していくこの地球の周波数に対応できる私たちになるための調整であり、準備と言っても過言ではないと片岡航也は伝えています。
詳細はこちら→【2017年9月13日から浄化のエネルギーが発動する「下弦の月のサイクル」に入ります。】
(2017.9.13)
高周波発信装置 ゼッテン116-ASの次回の入荷は10月下旬の予定でございます。ご希望の場合は、お問合せからご予約の旨をお伝えくださいませ。

9月6日からお月さまの満ち欠けのサイクルは、「満月のサイクル」。
満月の固有のエネルギーは、「具現化のエネルギー」。
この満月のサイクルで表れる現象を通して、これからの自分自身の人生に必要なものは何かを吟味、選択をしていくことがポイントとなるでしょう。
詳細はこちら→【2017年9月6日「具現化のエネルギー」が発動する満月】
(2017.9.6)
お月さまからいただいている2017年9月の時のキーワードは「発展」。
世の中も個人の人生にも大きく変化が表れ始めるタイムラインに入りました。
常識や当たり前ということを今一度見直し、自分自身の人生に本当に必要なものをしっかりと見定めていくということがいま大切です。
詳細はこちら→【2017年9月 時のエネルギーのキーワードは「発展」。】
(2017.9.1)

月のテンポCD

つきを呼ぶ音楽 -絶対テンポ116-

¥3,000(税込)

【月のテンポを身につけるならこの1枚】
月のテンポがわかりやすく作ってありますので、初めての方にはこの1枚をおススメいたします。1曲目は集中力とイメージ力を高め、2曲目は行動力とコミュニケーション力を高めます。

つきの妖精たち

¥3,000(税込)

【ヒラメキ、インスピレーションが欲しい時にはこの1枚】
視覚、聴覚、味覚、臭覚、触覚、ヒラメキ(第六感)という五感と六感に刺激するようになっていますので、五感、六感覚の発動を促進します。
 

「ムーン・ラブソディ」―81小節の奇跡(ミロク)・愛と調和―

¥3,690(税込)

【愛溢れる調和した環境を作るならこの1枚】
古神道の教えである「数霊の法則」のミロクの魔方陣を元に制作をした特別な1枚。
2枚目は、特許出願の録音技術により、可聴音域を超えた周波数の音(耳では聞こえない音)になります。

月の子守唄

¥3,000(税込)

【眠りの質を高め、つながりやすくするならこの1枚】
私たちの「いのち」を育むための大切な眠りの時間に、よりエネルギーを吸収できるようにこのアルバムは作られています。
[推薦 NPO法人 日本子守唄協会]

月の玉手箱

¥3,000(税込)

【願望実現ならこの1枚】
お月さまの満ち欠け(新月、上弦、満月、下弦)のサイクルには固有のエネルギーが存在します。
そのエネルギーを一曲一曲に入れ込んでいますので、願望実現、意識進化の大きなサポートをしてくれます。

Message~海と人と宇宙~

¥3,240(税込)

【宇宙とつながり、ゼロになるならこの1枚】
月から来ている水の情報、宇宙創造、進化の情報が入っています。
私たちが本来の自分自身に戻るための絶大なるサポートをしてくれる1枚です。

音神話

¥3,240(税込)

【7つのチャクラが発動するシンギングリンとのコラボレーション】
7つのチャクラが発動するためにエネルギーの放出と吸収が活発になるような楽曲にし、シンギング・リンの響きが7つのチャクラと共鳴するよう7本のバチ「レインボースティック」を使って演奏をしたチャクラ活性化のための1枚。

ゼッテン・116

¥3,000(税込)

【月のテンポ×高周波=人類意識超進化】
高周波発信装置「 ZetteZ(ゼッテン)116-AS」の効果を感じ取りやすいよう高周波との相性がとてもよく作られた楽曲です。

光とともに

¥3,086(税込)

【新時代の幕開けを体感できる1枚】
“希望の光”“愛の光”“信念の光”“勇気の光”“調和の光”“感謝の光”
あらゆる光、輝きがあなたを包み込む楽曲です。

夢のかなたに

¥3,600(税込)

【4大天使が夢のかなたに導く1枚】
人間に不可欠な振動数を中心にアレンジを施してありますので、心身を根源的に改善し、月のテンポが全身をやさしく包み込む極上の1枚。片岡慎介の生前最後のアルバム。

ページトップへ